「火垂るの墓」海外反応が気になった。この映画は…。

8月になり、お盆、そして終戦記念日になるとこの映画を思い出す私。

もう1つ、サクマドロップを見ると思い出す。それは…

火垂るの墓

火垂るの墓」を思い出しても感情がこみあげてくるので…。

TVで再放送されても絶対観ない。観れない。

私だけではないはず。

海外の反応も同じみたいです。。。

この映画は2度観るには覚悟がいる!

 
終戦記念日が近づくと放送されるイメージの「火垂るの墓」
 
「火垂るの墓」(1988年)高畑勲監督のジブリ映画です。

私が始めて見たのはいつだったのか覚えていませんが

TVで再放送の度にチャンネルを変えます。または消す。

「火垂るの墓」は本当に名作で素晴らしいけど、悲しすぎて

最低でもその日はどーーーーーんと落ち込むから…。

その感情に疲れてしまうから。

また「観るには覚悟がいる」ということ。

「火垂るの墓」観た海外の反応

たまたま海外のこの「火垂るの墓」を見た感想をAmazonでみました。

それを読んでみても涙が流れてきちゃいました。

紹介します。

Amazonのdogblessyouさんのレビューを参考にしました。

海外の反応のみ参考にさせていただきました。ありがとうございます!

見終わったばかりで「今、泣きながらこのレビューを書いています」 という人。

「2階で寝ている3才の娘のところへ駆け寄って思いきり抱きしめました」 という人。

友達にジブリの作品だよ、とプレゼントされて「わーい!」と思って観たら
「あまりのショックで1週間ずっと立ち直れないでいます」 という人。

ある日いつもより早く目が覚めてテレビをつけたら偶然やっていて
「何の予備知識もなく見てとても大きな衝撃を受けた」 という小学生の男の子。

「両親にも見せなければ」 と強い気持ちに駆られて、その後家族全員で見たという高校生の男の子。

アメリカ、イギリス、ドイツ、アジア、南米、中東、アフリカまで多くに方のレビューです。

外国の人が、私たち日本人と同じような気持ちになるんだということに驚きたした。

またこんな声も…

アニメーションで表現される節子が、ほんとうに可愛らしい子どもの動きや表情をしていて
「自分の娘にそっくりだ」 「姪っ子にそっくりだ」 「仕草が本物みたいでアニメだということを忘れてしまう」 という感想。

清太のことも 「一生懸命に幼い妹を守ろうとする姿に胸が詰まる」 「改めて家族を大切にしようと思った」 という人も大勢。

実は私も、大人になって見た時は長女が2歳くらいで、節子が自分の娘と重なって、さらに悲しくなりました。

この日から、もう2度と見れない映画になってしまいましたが…。

最も多く見かけた言葉が「cry」…

「とにかく泣いた」 「涙が止まらない」 「どうしようもなく泣ける」 「あなたも観たらきっと泣くだろう」

「自分は映画で泣いたことは一度もないのに、これだけはなぜだか涙が止まらなかった」と言ってる人も何人も。

heartwrenching 「心臓を握りつぶされるような痛み」
depressing 「心が重たくなって気持ちが滅入る」
the most powerful movie I’ve ever seen 「ものすごい強い力で訴えかけてくる映画」
experience 「これは映画というより、ひとつの経験だ」
sad but beautiful 「悲しいけれど、兄弟の愛情やアニメーションの美しさもある」
という言葉も多くの人が使っていました。

あるアメリカの女子高生は「この映画を世界のすべての指導者が見れば戦争はなくなるのに」

別のアメリカの女子大生は「教科書や歴史の授業でこの戦争のことは知っていたが、自分は何もわかっていなかった。
自分が栄光だの正義だの輝かしい勝利だのと教えられてきたものはこの映画の中にはどこにもなかった。
小さな節子や清太をこのような目に遭わせることの、いったい何が栄誉なのか。
自分はこの映画を観て、戦争とはいかなるものか初めて理解した。
現在起きている戦争や紛争地域にも、節子や清太が無数に存在するのだ。
そして私たちもいつそのような立場に置かれるかわからない」

あるイギリス人の男性は…

「自分は今までどんな名作と言われる映画でも泣いたことはないし
普段アニメなんかまったく見ないガタイのいい40代のおっさんだが、
この映画は開始30分で涙をこらえるのに必死になり、
最後、幼い兄が小さな妹を荼毘に付す場面でこらえきれずに声を上げてオイオイ泣いた」


【佐久間製菓】200円 サクマ式ドロップス レトロ缶115g(10個入)  {駄菓子 駄菓子屋 なつかし 火垂るの墓}

みんな、思いははそれぞれ、でも戦争を無くすためにはそのことから逃げてもいけない。

考えなくてはいけないけれど…。

だから、1度は見るべき映画。

でも、2度見るには勇気がいる映画。


火垂るの墓 完全保存版 [DVD]

このポスターの意味を知って

2018年4月に高畑監督が亡くなりました。

「火垂るの墓」のこの↑ポスターがTwitterでも話題になりました。

海外でも話題に。

見ての通りですが、悲しすぎて。

昔は、節子がたくさんの蛍の中にいて微笑ましいポスターに見えました。

でも、よく見れば夜空にはB29が飛び、蛍だと思った光の一部、細長いのはミサイル?

「火垂るの墓」のタイトルも「火が垂れる…」の意味だとか。

この辺で、止めておきますね。

私も限界です。

平和が一番です。

世界中の人が、世界中の子供が苦しまない世界になってほしい。


火垂(ほた)るの墓 [DVD]

合わせて読まれている記事

アメリカで人気のこんまりさんも実践!引き寄せとありがとう♪とは?

湯シャンプしてる芸能人は誰?ノープーしてる海外セレブは誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする