お金に好かれる人の口癖がある!またNG言葉は使わない方がいい

言葉には「言霊」と呼ばれる霊力もあると言われています。

言葉は普段使っている言葉全てに宿っています。

口癖は毎日毎日、何回も繰り返されます。それが強烈な自己暗示となって潜在意識に刷り込まれます。

お金を引き寄せる、お金に好かれる口癖は何か?よくない口癖は何か?

まとめてみました。

お金に好かれる言葉

「ありがとう」

「ありがとう」は最高の言葉です。

感謝の言葉は最強の引き寄せのパワーがあります。

「ありがとう」は漢字で「有難う」と書きます。「有り難い」という事は

「有るのが難しい」です。辛いことも「有難い」といってみる。

「ありがとう」といってみると良いんですって。

「すごく幸せ」

笑顔を作っていかにも満たされている感じで「すごく幸せ」という。

そうすると、本当に脳内で幸せホルモンが分泌地されるんですって。

「おもしろいね」

好奇心や積極性を表している言葉なので、心が前向きになるんだと言います。

収入につながる話のチャンスなど恵まれることもあるそうです。

「大丈夫」

何が起こっても起こらなくても大丈夫。

不安や取り越し苦労を取りのぞいてくれるそうです。

安心する言葉です。

「お金は大切」

お金を大切に扱うとお金も意思があるのであなたの所にまた来たいと思うと聞いた事があります。

「お金は友達」「お金が大好き」もとってもいい言葉ですって。

「お陰様です」

目に見えない神仏や他社の助けに感謝を捧げる言葉です。

困った時に必ず誰かがサポートしてくれるようになるかもしれないそうです。

「うまくいく」

上手く行く方法がひらめくかも。

願うのではなく決め使てしまう。

心からそう思っていってみる。

「いいことがある」

毎朝、「今日も良いことがある」と宣言してみる。

あとはアンテナを貼って待ってみる。

「それも、ありかもね」

他者の言動が気に障る時に、人は人自分は自分と割り切ります。

「それもありかもね」って同意している、肯定的な言葉を使ってみると楽になります。

人間関係のストレスも減ります。

「運がいい」

「ラッキー」「ついている」などもいい言葉。

喜びを大袈裟に声に出して言います。

そうすると、本当にそうなっていく。引き寄せていきます。

「私はすごい」

自分を肯定してあげる。

自分を誉めてあげることでいい運を引き寄せていきます。

「いい1日だった」

寝る前に唱えてみる。

1日の疲れをリセットするために唱えてみる。

今日あった良かったことを思い出して「いい1日だった」といってみる。

良かったことだけを残すようにするのがコツみたいです。

NG使わない方がいい言葉

「どうせ・・・」

「どうせダメ」「どうせ○○」と言っていると

そうなる事を潜在意識が探して本当にそうなってしまいます。

使わない方が良いようです。

「でも・・・」

「でも」や「だって」と言い訳の言葉を使っていると願いも叶いません。

「あの人は特別でしょ」

嫉妬心が表れる言葉です。

「特別だから」「美人だから」と言っているより

「自分もなれる」「できる」という言葉にした方が気持ちも良いですね。

「・・・で、いいです」

「・・・でいいです」は希望をあきらめている言葉です。

「~がいい」と言って自分で選んでいくようにします。

チャンスもつかんでいきます。

『幸せなお金持ち』の特徴って?

行動力がある

新しいことに興味を持ってそれを直ぐに行動に起こす、行動力があります。

どんどん行動していきますよね。

思考が柔軟

行動力と一緒で、頭がやわらかく思考が柔軟です。

古い今まで通りのやり方に固執しないで新しいことにアンテナも貼っていますし、どんな人の言葉も良いと思うことは取り入れていきます。

いつも笑顔で穏やか

穏やかで人に優しい人が多いように思います。

そして陰口、悪口を言いませんね。

自分が幸せと気づいているので、いつも穏やかでいられるのかも知れませんね。

無駄な浪費をしない

お金の大切さを知っているの浪費はしません。

しかし、人の為には寄付をする方が多いと思います。

まとめ

どうでしょうか?

お金に好かれる口癖言ってますか?

やっぱり、お金は大事!あればお金を使って自分の好きなことに使えます。

私は『幸せなお金持ちになりたい』ですが、まだ頭でわかっているだけで本当に分かってないんでしょうね(;^_^A

毎日の口癖を『いい言霊』にしていくことから実践していこうと、思うのでした。

合わせて読みたい記事↓

お金に好かれる方法、お金の引き寄せ方法とは?やっぱり思考?

お金を引き寄せるは簡単だった?!トイレの神様のお話♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする