全米オープン表彰式セレーナは大坂なおみ選手に何を耳打ちしたのか?

大坂なおみ選手が全米オープンテニス優勝の時、会場はざわつき表彰式にはブーイングも起きました。

いったい何があったのか?

そして、セレーナ表彰式で大坂なおみ選手に耳打ちした言葉がわかりました!

決勝戦セレーナとの試合で何があった?

大坂なおみ選手はここにきてメンタルの強さが際立ってきたと杉山愛さん(元テニスプレイヤー)は言います。

少し前の大坂なおみ選手は上手く行かないと泣いたり、ラケット投げたりしていたそうです。

今回はセレーナが自分の思い通りの試合ができず苛立っていましたね。

試合中にコーチから指導を受けたとして主審から指摘され、主審に反抗。

そして、ポイントを失う。

ラケットを投げたりしたとこで、主審から注意されました。

また、抗議をし、今度は1ゲームを失ってしまいました。

サーシャ・ベーシンコーチは

「なおみは心身ともに最高の状態だ。なおみがいつもの調子で試合ができればなおみが有利だろう」と話していました。

そんなコーチを大坂なおみ選手は以前のTV番組で

「サーシャは優しくてポジティブで何でも楽しくしてくれます」とニコニコ話していました。

そして、サーシャ・ベーシンコーチの言う通り大坂なおみ選手はグランドスラム制覇!

日本人初の全米オープンテニス優勝です。

大坂なおみ選手セレーナに勝った後したこと

勝った後、大阪なおみ選手はタオルを被っていました。

ノートをみたりしている様子でした。

杉山愛さんによると以前の勝利インタビューが自分で振り返りよくなかったと感じて今回はノートを書いてきたんだそう。

そんな姿も可愛いっですね。

タオルをかけて読んで覚えていた。

表彰式で語ったことは?

「私が勝ってごめんなさい。みんなセレーナを応援していたのに」

「お母さん見て来れていてありがとう」

「セレーナもありがとう」

と言いました。

これもみて私も、もらい泣きでした( ;∀;)

そして、その前かな、セレーナが大坂なおみ選手に耳打ちしていたんです。

そのことが、優勝後出演した全米で人気のトーク番組「エレンの部屋」

明らかになりました。

司会のエレンが「あの時、耳元でセレーナは何て言ったの?」と。

ブーイングが凄い中でセレーナは

「あなたのことを誇りに思う。ブーイングはあなたに向けられたものじゃないから」

と言ったそうです。

大坂なおみ選手は「とても嬉しかったです」と笑顔で答えていました。

なんか素敵ですね。

大坂なおみ選手これからも応援していきたいです!

合わせて読まれている記事↓

大坂なおみゲン担ぎとは?強さは父とイケメンコーチ指導!天真爛漫♪

キュート大坂なおみ選手の賞金やプレゼント、スポンサー金額が凄い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする