メニエール病になった私の経過、軽減のためにしてること体験談②

めまいから始まって吐き気も強く、メニエール病かもと耳鼻科で言われ

治療中の46歳の看護師です。経過をまとめています。

前回までの経過、めまいの始まり↓

更年期?メニエール病?46歳看護師の「めまい体験」経過の記録①

めまいと仕事

2018年10月に入って仕事に行っても途中でめまいが酷くなり休む日々。

酷い時は、仕事の途中で横になり重曹入り(メイロン)の点滴をしてもらいました。

仕事に来ては、横のなるので仕事ができず迷惑がかかります。

主任たちに「しっかり休んで治した方がいいね」と言ってもらった事もあり、診断書を書いてもらい休むことにしました。傷病手当の手続きをしました。

当直は今月は変わってもらいました(>_<)

耳鼻科は予約しないと混んでいるので、看護師の特権ですが自分の病院の脳外科にて「診断書」を書いていただきました。

次の耳鼻科の日まで1週間お休みをもらいました。

と、言ってもここまでもほぼ、1週間休んでいましたので、2週間休みということになります(-_-;)

今の治療内容

めまいの薬を、イソゾビルド(水薬)を朝晩のみ、アデホス(脳の代謝よくする)、メリスロン(めまい止め)、ナウゼリン(制吐剤)、屯用でトラベルミン(酔い止め)を飲んでいます。

婦人科から処方された加味逍遙散も飲んでいます。(これは先日メニエール病と分かってから飲みきって終了しました)

このイソゾビルドのせいか、夜トイレが近くなり、今まで、夜も朝方もトイレにはいかなかったんですが、利尿作用のせいか1回朝方起きます。

あとは昼間、薬が切れてくると吐き気が出てくるのでナウゼリン(制吐剤)は欠かされません。

一度やめてみたら気持ち悪くて動けませんでした。

めまいが出る時は目をつぶってもグラグラ回ります。

普段はずっとフワフワ浮遊感です。

酔っ払っている感じ。でも、気分の悪い酔っ払い。

二日酔いの、あの気持ちの悪さと。

酷い時は点滴をしてもらいに自分の病院へ行きます。

なので5種類の薬をいい子に飲んでいます(笑)

46歳ですが、こんなにキチンと薬を飲んで飲んだのは初めてです。

めまい軽減のために試していること

私は春の健康診断も異常もなく、全て正常。もちろん、貧血も無かったですし、聴力も異常なしでした。

このめまいがいつまで続くか不安になります。

メニエール病は過労、ストレス、不安が大きな原因と言われていますが更に不安に。。。

今、私が試していることは

『自律神経を整えよう!』『規則正しい生活をしよう!』と心がけ

①朝、白湯を飲む

自律神経整えるのに有効と思い飲んでいます。

②夜は10時までには寝る

めまいが起きる前、夜中まで起きていることもありました。もともと朝方で、早寝だったので元に戻すように夜10時までに寝るようにしています。

③アロマを取り入れる。

アロマは日本環境アロマアドバイザーの資格があるので普段から取り入れています。

アロマは主に気持ち悪さをスッキリしたいので妊婦さんに向いているグレープフルーツが今の私には向いています。

④昼間は水分多めに飲もう

薬が多いので必然的にお水を多くとっています。メニエール病になる人は水分摂取が少ないともいわれています。気にして水分をとるようにしています。

メニエール病治療1週間経過

耳鼻科でメニエール病かもといわれて、イソソルビドの薬を飲み始めて丸1週間すると、薬を飲むのを忘れるほど、めまいと吐き気が無くなってきました!

嬉しい兆候です。

ふわふわする浮遊感も無くなってきました。

自宅でゆっくりしているのが良いのかもしれないし、メニエール病に有効なイソソルビドが効果が出てきたのか?

でも、イソソルビドが効いたという事は、やっぱりメニエール病なのか…?(>_<)

あと数日で、仕事へ行く日です。

このまま、仕事しても大丈夫だと良いんですけどね。。。

この後も、経過を記録していきます。

合わせて読まれている記事↓

更年期?メニエール病?46歳看護師の「めまい体験」経過の記録①

40代看護師メニエール発症から1か月経過。治療や症状、仕事は?③

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする