自信をつける方法6選、自信を付けて人生を理想通りに♪

今回は自身のつけ方6選紹介します!

簡単に出来るものを厳選しましたよ。

自信のつけ方6選

1、寝るまえに自分の事を褒める

自信をつける為に一番効果的な方法は、

人に褒められることが一番です。

 ですが、

子供の頃に比べると大人は褒められる回数が少なくなりますよね。

だからといって、周りの人に「褒めてください」と要求することもできない。

では、どうすれば良いのかというと…

自分で自分の事を褒める
 
そのコツは、

寝る直前に自分を褒める!です。

だいたい、3つぐらい。

寝る直前のボーっとしているとき…

最高にリラックスしています。

脳をだまします。

 寝る直前に自分を褒めると、だんだん自信が芽生えてくる、

そして、心が元気になっきます^^

褒める内容は、些細なことでOKです。

「今日もよくがんばったね!」

「早朝から早き、お弁当作り!私ってえらい!」
 
自分を褒める事は、予想以上の大きな効果があります。

褒めて、気分が良いのでドーパミンが分泌されて

「やる気がアップする」という効果もあります。
 

2、緊張すると自信がつく

人間は、緊張を乗り越えると自信がつくそうです。

確かに、緊張したけど頑張った時は、乗り越えた感があり、自信がつきます!

 簡単な事から

たとえば…

美容院でマッサージが気持ちよかったら

「気持ちいいです。ありがとうございます。」といってみる。

緊張しやすい人は、それを言うのも緊張ですよね。

でも言ってみる。

あとは、

仕事で少し難しいことをやって見る

勉強して調べて、期限までに出来た時は、もちろん自信がつきます。

自分のレベルに合わせてステップアップしていけば、どこまででも自信を磨くことができます。
 

3、きれいな部屋で生活する

これはわかる気がしませんか?

人は、だらしない部屋で暮らしていると

自分はダメな人間だ !

とマイナスなイメージを持つようになり、どんどん自信を失います。

反対に、スッキリときれいに整った部屋で暮らしていると

今日も、1日頑張ろう!頑張った!

と、自己イメージが上がり、自信が深まります。
 
突然お客さんが来ても、「どうぞ」と迎え入れることができる。

そんな部屋が理想ですね。
 

4、ゲシュタルトの祈り

この方法は読むだけで、自身がつく、簡単おススメ。

『ゲシュタルトの祈り』

祈りとはいっても、変な宗教ではないのでご安心ください( ¯•ω•¯ )

ゲシュタルト療法という心理療法の創設者

「パールズ」さんがつくった『詩』
 
これを毎朝読むだけで、みるみる自信がついてくる

という不思議なものです。

「ゲシュタルトの祈り」

私は私のことをする
あなたはあなたのことをする
私は、あなたの期待に応えるために生きているわけではない
そしてあなたも、私の期待に応えるために生きているわけではない
私は私、あなたはあなた
もしも偶然、私たちの心が触れ合うならば、それは素敵なことだ
もし触れ合えないとしても、それは仕方のないことだ
 

20秒くらいあれば読めて、簡単。

1日20秒で、みるみる自信がついてきます。

ゲシュタルトの祈りに繰り返し出てくる「私は私、あなたはあなた」という考え方は、アドラー心理学では「課題の分離」ともいいます。
 
「私は私、あなたはあなた」という考え方が身についてくると、素直に感情を表に出せるようになり、人の目も気にならなくなってきて自分らしく生きられるようになってきます。

 
自信がない人の一番の特徴は、必要以上に人から嫌われるのを恐れて、相手に合わせてしまうこと。

ゲシュタルトの祈りで、嫌われる恐怖心がなくなり、嫌われてもいい、勇気がでてくるそうです。
 

5、SNSをみない

アメリカの心理学では、よく言われていることですが、
携帯でSNSをたくさん見すぎると、自信を失います。
 
…というのは
ネガティブな情報をたくさん見てしまうと、人の心は不安や恐怖に対して敏感になります。
 
では、ポジティブな情報をたくさん見ればいいのか?というと…

実はそれもダメ。
 
SNSには、最高に幸せなベストショットがいっぱい。

たとえば、「成功している姿」「友達がハワイに行った」「ブランドバックを買った」「彼氏ができた」など。

 みんなの幸せそうな光景をたくさん見ると、自分がミジメに感じる。

なんとなく負け組になったような気がしてきた事はありませんか?

その、人との比較が癖になる。
 
人との比較は、自信を失う大きな原因 

さっきの私は私、あなたはあなた!です。

 SNSをたくさん見すぎると、不安や恐怖に敏感になったり、人との比較が癖になったり

なんだかんだで自信を失うので、少し控えたほうがいいということですね。
 

6、言霊、アファメーション

言霊ってきいたことありますのね。

言霊はそのもの、言葉自体にもパワーがあります。

そして、その繰り返し、言葉のくり返し

アファメーションもいいです。

アファメーション=自分に宣言 

人間の潜在意識は、言葉のくり返しが効きます。
 
たとえば、「私は可愛い、可愛い」というように、強い言葉をくり返す。

「私は出来る。優しく強い」など。

暇があったら何度でも言う。

毎日言いましょう。

すると、だんだんだんだん心にエネルギーが湧いてきます。

同時に、自信も湧いてきます。
 
反対に、ネガティブな言葉「もうダメだ」「私には無理」などは、ますます自信を失ってしまうので要注意です。
 
人の体は「栄養」でつくられてる。

人の心は「言葉」でつくられるそうです。

 力強い言葉を口癖にすれば、自信がどんどんついてくると思いますよ♪

この記事もおすすめ↓

アファメーションって?グランディングってなに?宇宙の法則実践編♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする