憂鬱な梅雨を乗り切るには?5つの対策で憂鬱な梅雨を乗り切ろう!

梅雨に入ると一気に体調を崩す人が増えます。

病院にも「めまいがする」

「頭がボーっとする」

「頭が痛い」

「なんだかフラフラして」という訴えが多くなりますね(>_<)

私自身も梅雨の時期から、夏バテの様に食欲もなくなります。

食欲無くなっても痩せるというより

やつれてしまう(´;ω;`)

食べないとダルイ、でも食欲なーい!

今回は、どうして梅雨時期に体調不良が起きるのか?

そして、この憂鬱な梅雨時期から始まる症状を少しでも楽にする

5つの対策を紹介しますね。

どうして梅雨時期は体調不良になりやすいのか?

♦低気圧のせい

梅雨時期の低気圧配置により副交感神経が優位になりやすく

本来、副交感神経は寝ている時に優位です。

そのため身体は休みモードになり「やる気が出ない」「だるい」「眠い」

という症状を感じやすそうです。

♦気温の変化のため

人の身体は気温に合わせて体温を調節する機能があります。

春から気温が上がり体が慣れてきた頃に梅雨が始まります。

梅雨の時期は急に寒くなったり、晴れた日は暑かったりします。

体が気温の変化についていけず体調が悪くなることがあります。

♦東洋医学的にからみた梅雨

『湿気のせいで体内に余分な水分が溜まる』だそうです。

湿気が多いと体温が下がりやすくなったり、汗が出にくくなります。

症状は人それぞれですが水分の代謝が悪いとむくみ、めまい、頭痛が出ることがあります。

東洋医学からいうと例えば、

冷え性や色白の方は水分をため込みやすい。水分のとりすぎに気をつけないといけないそうです。

漢方によってその人に合わせた処方もあります。(漢方科のある病院などへ相談)

梅雨時期乗り切る5つの対策

1.適度な運動をする

起きている時は交感神経が優位ですが先ほど書いたように

梅雨の時期は気圧のせいで副交感神経が優位になることがあります。

適度に動かして、昼間は本来の交感神経が優位になるようにします。

勿論、激しい運動は逆に良くないよ思います。るらっくす

適度、なので自分に合った適度。

普段、運動していない人ならストレッチ程度で十分です。

ヨガもとてもいいようです。

普段から、走っている人ならそのままの量を走ればいいんではないでしょうか?

急にはじめて体調を崩せば元も子もないので(;´・ω・)

あくまで、自分にあった適度な運動ですよ。

2.なるべく日光にあたる

鬱の治療には朝日を浴びるなどの治療があります。

なるべく晴れた日はなるべく日光にあたるのがいいですね。

実際に太陽出が出てない時は午前中、専用の蛍光灯の前に何分か座る治療です。

そんな治療があるように、ジメジメ憂鬱になる梅雨時期は

お日様があるときは外に出て太陽の光を浴びましょう(*^▽^*)

3.リラックスする時間をつくる

リラックスも人それぞれリラックスの仕方が違うと思います。

音楽を聴くのがリラックスする人もいるでしょう。

アロマで好きな香りを嗅ぐ。

アロマは臭覚神経などから直接働きかけます。

おススメの香りは

ラベンダーは鎮静作用があり鬱な気分をとるなどの効果があります。

ジャスミンも自信をつけてくれて、鬱の気分をとってくれます。

クラリセージは気持ちを静め、明るい気持ちにしてくれます。

ローズはメンタル面に作用しホルモンバランスを整える働きがあります。月経前のイライラにも効果ありです。

アロマポットを使っても良いし

濃い色のハンカチにアロマを1~2滴垂らしてほのかに香らせるのもお手軽です。

白っぽいハンカチは色がついて、落ちなくなることもありますから気をつけてくださいね。

私はアロマテラピー検定1級をもっています。

アロマは基本的には好きな香りで選ぶのが良いと思いますよ(∩´∀`)∩

4.水分をとりすぎない

東洋医学でも言っていますが

『湿気のせいで体内に余分な水分が溜まる』ので

水に限らず水分をとりすぎると体に溜まって

身体はよりだるくなってしまいます。

夏場、冷房の部屋にずっといる方は、同じように水分のとりすぎは良くないですね。

冷たい物より暖かい飲み物を選んだ方がいいようです。

日本茶は優秀なお茶!日本茶のブーム、日本茶が海外で人気!

5.ゆっくり入浴する

入浴はゆっくりあまり熱くない温度のお湯にはいります。

出来るだけシャワーで済ませず

ぬるめ温度のお風呂にゆっくりつかるのがいいです。

お風呂に先ほど紹介したアロマを、3~4滴垂らして入るとほんのり香りイイ感じですよ(*´▽`*)

ちょっと気分が落ち込みやすくなる梅雨の時期

5つの対策と、規則正しい生活、しっかり睡眠もとって

乗り切りましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする