結婚指輪を左手薬指にはめる意味は?人気の素材は?外国ではどうか?

結婚指輪はなぜ左手の薬指にはめるのか?

結婚指輪の意味は?

え?右手にはめる国もあるの?

海外、外国ではどうなのか?

疑問に思ったのでまとめてみました♪

結婚指輪の意味、由来、いつから?

指輪は古代エジプトやギリシャ時代に左手薬指の血管が心臓と直接繋っているという
考えがあったそうで、それに由来するという説があります。

薬指にはめるのは、その由来からでしょうか。

結婚指輪は古代ローマ時代にローマ教皇が約束事を誓約する証である鉄の輪を結婚の誓いとして使用し始めたのが始まりです。

結婚指輪の円に繋ぎ目がないことから「永遠に途切れることのない愛情」の象徴であるとされ「永遠のシンボル」「愛のシンボル」とされるようになったんだとか。

日本では結婚指輪は昭和40年から定着し始めたそうです。

案外遅いなと感じました( ゚Д゚)

夫婦がお互いに身につけておくことで周囲の人に既婚者であることを知らせるための役割もあったそうです。

海外の結婚指輪のはめる指

♦結婚指輪は右手の薬指の国

ドイツ

オーストリア

ノルウェー

ブルガリア

ヨーロッパのオーストリアより北に位置するドイツから北の国々

台湾女性のみ

北欧では結婚指輪を右手薬指という習慣が多いようです。

♦婚約指輪は左の薬指

ドイツ、ギリシャ、他USA

♦婚約指輪は右の薬指

 
スイスより南、イタリア、スペイン

その人個人個人の宗派や土地の風習によって様々のようです。

結婚指輪の素材は何がいい?

日本人は昔はゴールド(金)が多かったですが今はプラチナが人気です。

そういえば私のおばあちゃん金の指輪でしたね(∩´∀`)∩

海外ではゴールド(金)が人気なんですよ。

ゴールドは海外ではブライダルのシリーズでもけっこう販売されています。日本のようにプラチナにこだわない文化なのでしょうね。好みや文化の違いですね。

今は、プラチナが定番ですが自分の好みで良いと思うんです。

今どきの子は(笑)また、ゴールドが人気になってきています。つや消しタイプのゴールドも人気ありますし、逆にハワイアンジュエリーを結婚指輪にするカップルもいます。

病院の事務の可愛い子が結婚しました♡おちついたつや消しタイプのゴールドリングでした。

何人かのお友達に「自分も18金のリングにすればよかったー」と言わてるそうです。確かに可愛い♡

ピンクゴールドを選んだ人は。。。
『手持ちの18金リングとの相性もいいし肌馴染みがいいのでプラチナやシルバーのリングを他の指にしても、ガチャガチャしないですよ』という方もいます。

ゴールドのハワイアンジュエリー選んだ知り合いも。。。

↓↓こんな感じのでした(((o(*゚▽゚*)o)))ピンクが自分でゴールドが旦那様と。

ちなみにハワイアンジュエリーなんですが、派手なイメージかと思いきやそうでもなくて、
人と違うリングがセミオーダーで作れるんですよ。

ハワイアンジュエリーに込められた意味♪お洒落で結婚指輪にも人気

ゴールドって金運も上がりそうですし(≧▽≦)最近私は、若くないですが(笑)休日はハワイアンジュエリーをつけています。娘とおそろで♪

結婚指輪はプラチナと決まっているわけではないので、自分の一番好きなものを選べばいいと思いますよ。若いときは若いときでピンクゴールドを選んで10年アニバーサリーに新しくプラチナや他のデザインにするのもありかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする