抗がん剤の説明はほどほどに?副作用は先入観を入れないのも大事です

現役看護師をしています。

同じ看護師さんに知ってまらえたら良いと思い描いております。

抗がん剤の説明はほどほどに?とは

抗がん剤の説明はほどほど・・?

何て言うと誤解を招きそうですが

乳がんの抗がん剤説明はほどほどにと思います。

これは『説明しすぎや細かすぎると逆に心配を誘う』ということです。

私はオペ室も入りますが

外来で抗がん剤の治療で点滴治療の患者さんにも関わります。

主に乳がんの患者さんに関わっています。

点滴治療まえに医師からはもちろん、看護師からは外来ででの治療の流れや、副作用についても説明します。

以前は(1~2年前)

割と事細かに

「抗がん剤点滴の後、7日から10日ぐらいに白血球が下がって、2週間ぐらいで髪が抜けます。吐き気も出たらお水を飲んで、ご飯食べられたら食べて、なるべく蛋白質を摂取してください。あとは、爪が割れたり、口内炎になったり、便秘や下痢にもなるかも知れまん。。。。そして…。こうなったり、こうなったら・・・」

と、製薬会社のパンフレットに書いてある事、色々と副作用を説明していました。

説明すると、明らかに不安、もしくはパニック、もしくは頭がパンク状態、放心状態。

しかし、数年前より副作用予防の薬も進化したのもありますが、ここ最近は副作用はとても減らしています。

私たち看護師が変えたことは、詳しく説明するのをやめたんです。

「蛋白質を多く摂取してください。」とは言いました。

⇒抗がん剤治療で必要なタンパク質とは?何をどうやって食べればいい?

今の説明は

「白血球が下がりますが、翌日に白血球を上げる注射をします。白血球が下がるのだけは全員に起こる副作用です。あと、髪はどうしても抜けます。この2つはどうしても起きてしまいます。」

と、伝えあとはパンフレットを渡します。(病院独自のケモについてと、製薬会社のものです)

そして、あまり、色々見過ぎないように伝えています。

特に若い世代の方は、ネットで色々調べ過ぎてしまうので。。。

乳がんは特にがんの性質が色々あります。

自分と同じタイプの人を素人の方が見つけるのは至難の業です。

その人、その人でタイプ、治療は全然違うことを伝えています。

そして「あまり、不安になる情報は見なくていい」と伝えています。

それを1~2年まえから始めました。

結果・・・

あまり情報を調べない、パンフレットも読まない、ような患者さんの方が

吐き気の副作用がほとんど出ないんです。

コレって、先入観が大きいと思います。

調べた人は

『吐き気が出るんだ吐き気出るんだ、出たくないな、出たらどうしよう』ってなり、吐くかも!と潜在意識に入ってしまうのかも知れません。

あまり調べない人は

『心配だけど、やってみないとわからないし』とあっけらかんとしています。

元々の性格もあるかも知れませんが。

嫌なことが起きる〜と、思えばおきる。

嫌なことさえ、あまり考えなければ、起きない。

良くない情報の先入観を入れない方が、今の所、副作用はすくないです。

合わせて読まれている記事

抗がん剤治療で必要なタンパク質とは?何をどうやって食べればいい?

乳がんの抗がん剤前にやっておくこと。看護師からのアドバイス

免疫力を高めるとは?免疫力高める食べ物は何が良いのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする