nene情報
元看護師ねね子の悠々自適生活
気になったこと

韓国人はコーヒー好き?韓国ドラマにみるコーヒ文化、コーヒーの歴史

 

 

私は韓国ドラマが好きですが、ドラマの中には日本ではあまりえないくらい

コーヒが登場します。

ドラマでカフェから持ち帰るコーヒ

家や職場で飲む、インスタントコーヒー

韓国人はコーヒーが好きなのか?

どんな文化で、こんなにコーヒーが浸透したのか?

気になったので調べてみました。

 

韓国のコーヒー好きは世界トップ!?

 

コーヒーの市場が拡大し続けている韓国は年々売上げを伸ばし、近年さらに拡大しているようです。

年間のコーヒーの1人当たりの消費は350~500杯ともいわれています。

韓国のドラマを観ていても、「飲みすぎに気をつけて」

「コーヒー1日3杯までよ」なんて会話シーンも出てきます。

ビジネスマンや、学生さんの試験勉強前に飲むなどしていれば

1日2~3杯は軽く飲んでしまいそうですね。

 

2018年に7兆ウォン(約7000万円)を突破し、2023年にはおよそ9兆ウォン(約9000万円)に増えるものとみられる(現代経済研究院)。コーヒーの消費量は人口比で世界最高水準だ。2018年には15万トンの豆を消費し、世界で6番目に大きなコーヒー消費国となった。20歳を過ぎた韓国人1人が飲むコーヒーは年間353杯で、世界の1人当たり消費量132杯に比べ3倍に達する。

2019年朝鮮日報より

 

高級コーヒー販売店の数も、人口比で米国・中国・日本より多い。

STARBUCKS RESERVE BAR(スターバックス・リザーブ・バー)

Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)

COFFEE@WORKS(コーヒー・アット・ワークス)のような店が急激に増えているそうです。

特にSTARBUCKSは、中国の次に韓国に多く高級店をオープンしていて

人口1000万人当たり9.8カ所に達するそうです。

人口比で見ると、世界で最も韓国が多いということになります。

 

どうしてこんなにコーヒーが広まったのか?

韓国で最初にコーヒーを飲んだとされる人は、朝鮮第26代王の高宗(コジョン 1859~1919)だそうです。

高宗は、1897年に大韓帝国を樹立して皇帝となり、現在ソウル市庁のそばにある徳寿宮トクスグンで暮らします。

しかし、コーヒーの味が忘れられず、日常的にコーヒーを愉しむようになったそうです。

昔、皇帝が好んで飲んでいたコーヒーというのも、親しまれるひとつかも知れませんね。

 

韓国のおしゃれカフェ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Noriko(@nori_noric)がシェアした投稿

 

韓国にカフェがこんなに多くなったのは、ここ20年ほど。

それまで、韓国の人々がコーヒーと言えば、タバン(茶房)で飲むインスタントコーヒーでした。

タバンは喫茶店の事で、タバンコーヒーはミルクと砂糖がたっぷり入った甘い甘いコーヒーでした。

1950年頃から、文化人の憩いの場として、次第に学生や社会人にも広がっていきました。

1988年のソウルオリンピックの後には、coffee shopが登場し、焙煎した豆から淹れたコーヒーが一般的になりました。

1990年代後半になると、外資のカフェチェーンが進出。

1999年には韓国のソウル・梨花女子大学校前にスターバックス1号店が出店。

日本のスタバックス1号店は1996年。

2000年に入り韓国国内チェーン

「Cafe Bene」「EDIYA COFFEE」など勢力を伸ばし

2013年~2014頃からはカフェ・ベンチャーブームが起きたようです。

そのためかドラマなどでは、必ずと言っていいほどカフェが出てきます。

韓国ドラマでもお馴染み、インスタントコーヒー

インスタントコーヒーのなかでも韓国発祥のものがあります。

1976年に東西食品(トンソシップム)という企業が発売したものです。

これはインスタントコーヒーに粉ミルクと砂糖が含まれ

スティック状の袋に入っていて、お湯を注げば飲めるというもの。

今は「맥심(Maxim、メクシム)」というブランドで

現在も韓国で高いシェアを維持しています。

韓国ドラマでお馴染みのあのコーヒーです♪

 

↑【ショッピング王ルイ】

【ヴィンチェンツォ】などでこのコーヒが登場します。

韓国のインスタントコーヒーも美味しいのですが

さっぱり甘めと言った感じがします。

濃い苦いエスプレッソなどあまり飲む習慣はなさそうです。

 

韓国のアメリカーノとは?

韓国ドラマのカフェの注文は

アメリカーノ

と、よく聞きます。または「アメリカノ」

アメリカーノは、エスプレッソにお湯を入れて、薄めるイメージで作ります。

日本でいう、アメリカンと言う感じなんでしょうが、薄めに感じるようです。

日本のアメリカンは、深煎りで細かく挽いたコーヒー豆から、加圧状態で作るエスプレッソと、浅く焙煎したコーヒー豆で入れています。

アメリカーノとは、豆の種類も作り方も違います。

日本人が韓国でコーヒーを飲むと、味が薄く不味く感じ人もいるそうです。

 

 

韓国、お洒落カフェがある場所

 

韓国は、大手チェーン店ばかりでなく、個人カフェも多いです。

早期に退職した方や、個人でカフェをオープンさせたり、カフェに参入する人は多いそうです。

おしゃれ!人気のカフェがたくさんある場所はココ♪

弘大(ホンデ)
仁寺洞(インサドン)
梨泰院(イテウォン)
明洞(ミョンドン)
江南(カンナム)
聖水洞(ソンスドン)
新沙洞(シンサドン)

日本にはないような、インスタ映えもねらえる可愛いカフェがたくさん♪

 

韓国行く機会があったら、ぜひ行ってみたいですね!

 

 

ABOUT ME
ねね子
30年看護師していました。今はいつでも好きなことが出来る、好きなことろへ行ける生活をしています。このブログが皆さんの夢を叶える可能性を見つけるきっかけなったら幸いです。